下半身だけはしっかり反応

デリヘル嬢は写真の修正などが少ないです
風俗で失敗した体験談

「ああ、びっくりした。こんなところで、えりかと会うなんて」私もびっくり。うん、そう池の周りを二人で歩いた。手と手が触れあったとき、私は由希子の手を握った。由希子は私の手を自分の腕に絡ませた。ジョギング?「人と腕組んで歩くの、久しぶり。由希子は?」
「大人にそういうことは聞かないの」はい、お姉様池の上では恋人たちがボートを漕いでいた。あの恋人たちから見ると、由希子と私はどういう関係に見えるのだろう。そんなことを考えていると、由希子がこう言った。
「えりか、どこかでお茶する?私、こんな格好だけど」私はこう答えた。
「喫茶店はちょっとな。仕事の話とかしづらいから。由希子の家はこの近く?」
今日も自転車で来てるの。えりかは?ううん、自転車で0分。
バスで0分うーん私は意を決して、こう提案した。
「ホテルは?ホテルなら落ち着いて話せると思う」
吉祥寺の繁華街から少し離れたところにある古ぼけたラブホテルの部屋の中で、由希子は湯沸かし器にミネラルウォーターを注ぎながらこう言った。
「なんか、不思議なシチュエーションね」でも、楽しい私は、ここへ来る途中に二人で買ったケーキを小さな丸テーブルの上に広げながらそう答えた。そうね「由希子はこういうホテルって、よく来る?」ううん。すっごく久しぶり。
「私も久しぶり。でも、ラブホテルで休憩なんて何年ぶりだろう」
コンチのゲストルームと比べると、見劣りするねそりゃそうよ。コンチは豪華なゲストルームと高級車での送迎がウリなんだから。私たち女よりもそっちにお金をかけてそうなんだ「でも、そういうコンセプトだからこそ、それなりにステータスのある客が来る。変な客は来ない。だから、私たちも安心して働ける。入店したとき、店長にそう言われたわ。もっと条件のいいお店もあるでしょうけど、プライバシー保護のことも含めて総合的に判断すると、うちがいいはずですよって」由希子はいつからコンチに?「長いよ。もう5年かな。えりかは?」
1年半くらいかなお湯が沸くと、由希子はドリップ式のコーヒーを入れた。私たちはケーキとコーヒーでささやかなパーティを開いた。どこのゲストルームがすごいとか、新しい運転手が入ったとか、はじめは店の話をした。待機室のネスブレッソがすぐ品切れになるとか。が、そのうちネタは尽き、3Pの話になった。
「えりかには感謝してるんだ。いつか言おうと思っていたの。いつもありがとう。いつもごめんねって」私、リピート率が低いの。リピートされても、たいてい二回か三回でそれっきりになる。だけど、は半年以上も続いている。

風俗店だったってい

みんな、私たち、名コンビだからあの果物屋の社長さんえりかのおかげよそうね。うふふ由希子と私を名コンビと言ったのは沢村だ。何度目かのとき、沢村はこんなことを言った。君たち二人は名コンビだよ。陰と陽というか、剛と柔というか、えっ、どういうことですか「ほら、えりかはそうやってすぐ聞いてくるだろう。だけど、由希子は違う。何も聞いてこない」
「聞かないほうがいいんですか?」
「だから、そうじゃない。すぐ反応するえりかと、何も聞かずに俺の話を受け入れてくれる由希子。
この二人の個性の違いが面白いって言っているんだよ」静と動というか、凹と凸というかな、由希子うふふ「ほら、これが由希子だ。謎の微笑みを浮かべる美女」そういう個性の違いって、「ああ、現れるよ。全然違う。交互に味わっている俺が言うんだから間違いない」
「どういうところが違うんですか?」
「全部違うよ。感触も反応も。セックスにも現れますか?」フェラチオも全然違う。えりかにされると、すべてを搾り取られるような気分になる。魂まで搾り取られるって感じがする。のは同じだけど、熱さが違う。触も違う。えりかの中で出すときは搾り取られるような気分になるけど、それで、頭の芯までカーッと熱くなる。
が、由希子のフェラはそうじゃない。由希子にされると、全身を温シップで包まれているような気分になるんだ。由希子の中で出すときには、熱くなる出るときの感お漏らしするような快感がある。とにかく、こんなに個性の違う二人と交互にできて俺は幸せだと思っている。餐沢してると思っているよ沢村のこの評価に私は満足していた。私は役割を果たしている。
いい仕事をしている。由希子からも沢村からも必要とされている。そう思えたからだ。私よりも由希子のほうが美人だ。だから、3Pの主役は由希子だ。だけど、私のような脇役がいるからこそ、由希子は引き立つ。私はそんな風が、由希子はそうではなかった。由希子はこのコンビに満足していなかったのだ。に考えていた。だから、名コンビと言われたのはうれしかった。
「でも、やっばり、えりかにとっては負担だよね」
「本当に、ごめんねっていつも思っているんだ」
「え、わからない。どういうこと?」
「だって、あの果物屋さん、最近はもうあなたの中でしか出さないじゃない。一回のときはもちろんだけど、二回のときも、二回ともあなたの中で出す。私はただ横で、あの人の手を握っているだけ」これは由希子の言う通りだった。

ペニスより先に中指を裏のツバまみれのそぼまりにズボリンチョしあ

沢村は挿入よりも愛撫されることを好む男で、二人に全身を愛撫され、あそこがパンもういつ出てもおかしくないという状態になってから女を上に乗せ、下から入るというのがいつものパターパンになり、ンなのだが、最近は、その最後の段階でいつも私を選ぶ。
「おおっ、来たぞ、込み上げてきたぞ、えりか、入るぞ、乗ってくれ、いいか、フィニッシュを決めてくれ」と。初めの頃はそうではなかった。私の中で出したら次は必ず由希子の中で出していた。すときもそうだった。交互に出すと決めているようだった。
が、ある時期からそうではなくなったのだ。沢村は私の中でしか出さなくなった。私はそれでもかまわなかった。沢村の挿入時間は短い。口の中で出すときも、隆の中で出だから、それほど負担ではなかったし、むしろ、これくらいは私がやらないと釣り合いが取れないと思っていた。が、由希子はこのことを気に病んでいたのだ。
「えりかにばっかり負担をかけて、本当にごめんねって思っているの。あの人は、私にはもう飽きているのよ。私っていつプライベートでもそう。飽きられて、浮気されて、泣いて、それで終わり」もそう。三回くらいで飽きられる。由希子の目には涙が浮かんでいた。そんな由希子を見て、私は胸に痛みを覚えた。私の本業は女優。劇団に入ったのが9歳のときだから、もう0年やってる。
Vシネマには何本も出ているし、メジャーな映画にも何度か出たことがある。でも、いつも名もないホステスの役。そういえば、時代劇も出たわ。大奥にいる名もない一人の女として。
「演技には自信があるの。勉強もしているつもり。だから、いつも監督にはほめられる。撮り直しなんてほとんどない。だから、ちょくちょく仕事の話は来る。だけど、いつも名もない役で終わり。映画の仕事が入るとコンチには入れない。だから、そこから先に行けない。。コンチでもそう。空いてる時は優先的にお客さんをつけてくれるんだけど、どの客にもすぐに飽きられる。5年もやっているのに、半年以上続いたのは果物屋さんだけ。
それも、えりかのおかげで続いているだけ。私一人だったら、私はなんて言ったらいいのかわからなかった。だから、とっくに終わっている」由希子はそんな話を続けた。黙って由希子の話を聞いた。ごめん、ちょっと休ませてと言ってベッドの上に横になった。
横に寝たほうがいいのかどしてほしい。が、由希子がそれを求めているとは思えなかった。だから、横には寝なしばらくすると由希子はうか、私は悩んだ。私だったらそういで椅子に座ったまま時間が過ぎるのを待った。やがて部屋の電話が鳴った。フロントからだ。
「あと10分でお時間ですが、延長されますか?」
「時間だって。どうする?延長する?」と由希子に聞いた。私、トレーニング中だった。走らないとと言った。由希子はごめん。私はフロントに帰りますと言って受話器を置いた。
ホテルを出て、私たちは井の頭公園に向かって歩いた。
由希子は思い詰めている様子だった。何か話さなければと思ったけど、今度は、腕は組まなかった。そんなムードではなかったのだ。なにも思いつかなかった。私は別れを予感した。別れはいつもふいにやってくる。こんな風に。公園の中に入り、この日、二人がばったり会ったところに戻ったとき、由希子は立ち止まってこう言った。今日はえりかにいろいろ話せて、すっきりした。私、え、どうして?私の0代は失敗だった。それを認めるのがイヤで続けてきたけど、ダメ、やだ、そんなのコンチ、辞める。
風俗嬢のお尻をくねペニスがするりと抜

風俗に深く依存しているあ

たぶん、女優も辞めるもう9歳。これからのこと考えないと「私、負担だなんて思ってなかった。由希子がいたから頑張れた。だから、そんなこと言われると私も辛くなる」r.....「しょせん、私たちは性欲処理係。だから、私は全然負担じゃない。あの果物屋は私の中で出せばいいのよ。ればいいの。出したいところで出させてあげればいいのよ。由希子はそんなこと気にしなくていいのよ」私で処理をす私は泣いていた。泣きじゃくっていた。由希子はそんな私を抱き寄せ、髪を撫で、額にキスをしてくれた。
「そうよね。
私たちは性欲処理係。客が私たちに求めているのはそれだけかもしれない」そうよ。由希子は考えすぎ。難しく考えすぎ。由希子はキレイだからいいの。
「えりかはいつもそう言ってくれる。キレイだって。でも、私、思うんだ。女の価値はそこじゃないって」
それだけで客は喜ぶんだからじゃあ、どこなの?「セックスだと思う。5年間、コンチにいてそう思った。男を満足させることができるかどうか。長く、いつまでも求められるかどうか。それで女の価値は決まるって」
そうかな果物屋が来るのは来週よね。必ず行く。だから安心して。今後のことはそれ「でも、えりかの気持ちはわかったわ。今度、からゆっくり考える」
「その果物屋、むごいことするね」コンチネンタルの専属ドライバー、朝倉映子はそう言った。いつもの赤いポルシェの中で。私は話したのだ。由希子と偶然会ったこと、由希子が私に話したことを。この日、仕事を終えた私を迎えに来た映子に店側の人間である映子に由希子の話をするのは気が答めた。由希子は喜ばないと思った。
でも、私は映子に話した。子はコンチネンタルという組織の中での自分の立場よりも女同士の友情を重んじる。映子は私のことも由希子のことも映守ってくれる。私はそう信じていたからだ。
「由希子、傷ついたんだよ。果物屋がえりかの中でしか出さないから。プライドを傷つけられたんだよ」私なんて、他で出してくれればラッキーって思うけどないけど、由希子は違うんだよそうかな。
えりかはそうかもしれ映子は?うれしかったよえっ?「付き合いはじめた頃は、あいつも若くて、イヤじゃなかった。うれしかったよ」
「亡くなったダンナさんのことだよね」私はあなたたちと違って、そんなに経験ないからね。
「ダンナさん、五回も六回もしたの?」体力があり余っていて、休みの日なんて五回も六回も私の中で出した。でも、あいつのことしか話せないあんまり激しいんで、腔炎を起こしてできなくなったこともあった。そのときは手でしたりしたけど、あれは寂しえりかはさっき性欲処理係って言ったけど、手だとそのまんまじゃんうん。かった。早く治して中で受け止めたいって思った。
「でも、私たちって、やっばり性欲処理係よね」
「そう思って割り切る子もいれば、それだけじゃないって思う子もいる。いろんな子がいるよ。人それぞれ」映子にそう言われて、私は高校三年の時に付き合っていた男の子のことを思い出した。彼は同じ学校の違うクラスの男子。付き合いはじめて1か月くらい経ったとき、彼の両親が留守の日に彼の家に行ってはじめてセックスをしたのだが、彼は童貞で上手く行かなかった。

高級クラブの女性
奴隷プレイにとって風俗店へ行って店長

セックスレスの特集がされています

さらに電話で女性緊張していたのか、固くなっても中に入ると柔らかくなり、中折れしてしまうのだ。は真っ赤な顔をしていたから、たぶん、彼ペニスに回るべき血がすべて頭に回ってしまったのだろう。二回、三回とトライしたけど、上手くいかない。それで彼はどんどん焦り、焦れば焦るほど、彼のペニスは小さくなっ私も焦った。このままじゃあ、この人は自信をなくしてインポになってしまう。
私のせいで一生を台無しにしてしまう。なんとかしないと。私はそう思った。でも、8歳の私にはどうしたらいいのかわからなかった。が、彼のひと言をきっかけに私たちはこの危機を脱した。
「ごめんな。上手くできなくて。やっばり、オナニーとは違うんだな」と彼が言ったのだ。どうやってオナニーするの?え、なに?さっき中に入ってくれたから、私はもう満足。でも、それで、私はこう言った。精子が出るところが見てみたい。だから、教えて、どうやったら出彼は私の手をとり、自分の股間にもっていくと、こうやって、上下にと言った。私は彼のペニスを握り、「遅い、もっと早いほうがいい、痛くない、気持ちいい」などと言いながらしごいた。彼のペニスはみるみる大きくなった。出ちゃうよいいよ、出して本当に出ちゃう出してあっその一時間後、ことで、彼は落ち着きを取り戻したのだ。
彼は激しく腰を動かし、した。達成感のようなものがあった。彼と私は正常なセックスをした。今度は中折れなどしなかった。ずっと固いままだった。一度、出したああっと言いながら私の中で出した。
この時は感動それからも彼は、セックスをするたびに私の中で出した。一度、口内発射がしてみたいと言われたことがあった。私いいよと言ってフェラチオをした。だけど、を外してこう言った。
「やっばり最後は中がいい。中で出したい」その時、私の胸には熱いものが走った。出したときには、もう何もいらないという気持ちになった。彼とは高校を卒業してから一度も会っていない。
は固くなり、もう出そうというときになったら、彼は私の口からペニス中で出したいという彼の言葉が胸に響いたのだ。彼が中に入ってきて、中で彼がアメリカの大学に行ってしまったからだ。彼がアメリカに行かなかったら、私の人生は違うものになっていたかもしれない。
赤いポルシェは私のマンションの0メートル手前で停まった。お疲れありがとういつもはこの後、軽くおやすみのキスを交わして別れるのだが、この日はそうはならなかった。私が車を降りなかったって言ってたけど、それで辞めちゃうのかな由希子さん、来週は来る私はそう言った。
「この仕事、辞めたいって子を引き止めることはできないよ。
それをやったらおしまい。出口を塞いだらいけない。でも、手は打つよ。自信喪失のままじゃ、可哀想だから」
どうするの?「とりあえず店長に話すよ。コンチは女優とかモデルとかレースクイーンとか多いから、これまでにも似たような話はあったと思う」店長は具体的にどうするの?「カウンセラーを紹介すると思う。受けるかどうかは由希子次第だけど」カウンセラー?コンチには裏方がいっぱいいるんだよ。
「特別契約の医者は私も知っている。私自身、その医者のクリニックで何度か性病の検査を受けている。保険証も何もなしで見てくれたのは、店と特別な契約を結んでいるからなのだ。カウンセラーとか、特別契約の医者とか、弁護士とかいろいろ」

セックスが多いかもしれない

「カウンセリングって、どういうことするの?」いろんなことを話すだけだよそれだけ?基本はそれだけ。でも、あれを受けると気分が変わる。私も一時期、酸になって、そのとき受けたんだけど、気分が変どう変わったの?「街を歩いていたらピンクのスカートが目に停まって衝動買いした。スカートを買うなんて久しぶりだった。それでワクワクしてきて、それに合うトップや靴やカバンも買った」
「ヘー、それで、どこかお出かけしたの?」
「いろいろ考えた。クラシック音楽のコンサートにでも行ってみようかな、とか。
お見合いパーティに参加してみようかな、とか」で、どこに行ったの?「お寺に行った。彼の墓があるお寺に。住職さん、驚いていたよ。いつもジーパンの私がおしゃれして行ったから」.「ごめん。また暗い話になったね」ううん、いいの「とにかく、店長に話してみる」うん「えりかから聞いたって風にはならないから安心しな。店長も由希子のリピート率はわかっているし、たしか、何度か相談も受けてたよ」そうなんだえりかも何かあったら、すぐ言いな。
「由希子さん、ため込んでいたのかな」
「そうだと思う。で、えりかに話して一気に爆発した」元気になるといいけど「変わるとは思う。
カウンセリングを受けて変わった子、たくさんいるから」どう変わるの?「前向きになって売上が伸びた子もいる。でも、その逆の子もいる」売上が下がるの?違う。
この仕事を辞める
一人でため込んじゃダメだよ
その日が来た。3Pの日だ。午後9時、私と由希子はお揃いのムームーを着て沢村を出迎えた。色はオレンジ、柄はハイビスカス、ラッフルスリーブの付いたミドル丈のドレスだ。ムームーにしたのは、沢村が前回の帰りがけに「次は南国のフルーツを持ってくるよ」プレイはいつもと同じ流れで進んだ。まず、三人でフルーツを少し食べ、それからバスルームに向かった。の汗を流し、沢村がバスタブに浸かると、私たちは左右に分かれ、両サイドから沢村の腰の下に足を入れた。そして、と言ったからだ。二人で沢村潜水艦の潜望鏡のようにお湯から顔を出した沢村のペニスを二人で弄んだ。
「さあ、出よう。のぼせちゃうよ」沢村のそのひと言を合図に私たちはバスルームを出た。そして、沢村の体をタオルで拭き、ベッドルームにエスコートした。


風俗嬢のお尻をくねペニスがするりと抜 下着姿の写真を撮ったとき クンニが面倒になるんです