その理由は人それぞれですヴァギナ

彼はいましたけど、別れましたそうなんだ話をつづけると、JKは彼が初めてで、互いに、童貞と処女だったと言う。
「でも、いつのまにか、セフレみたいになっちゃって。彼は私が彼のことを好きだと思ってたみたいですけど」と言う。
「いやでいやで、最後の頃は、会うのもイヤで、するのが苦痛でした。彼のは細くて、長くて、私は痛いだけで」と言う。
彼はなかなかいかず、10分で終わることもあるけど、1時間していることもあったという。
「そのうち、彼は彼女ができて、別れました」と言う。俺はJKに同情し、大変だなあと言う。本音だ。10分後、俺は本能をむき出しにしていた。Jkをあお向けにし、キスをし、舌をからめた。JKはキスが上手で、こちらが教えられるくらいだった。舌を噛まれることはなかった。俺はいよいよ、JKの乳房に手をかける。弾力がすごい。採むと、手を弾み返す。俺は口をやり、あぐあぐと衡えた。JKが暗いだ。感度がいいようで、うれしい。俺はJKの乳首を、右と左と、交互に衡え、祇め、リズミカルに舌で叩いた。そのたびに、JKが暗ぐ。JKの肝心なところは、はじめに指入れして味わった。
今までで、最高だった。狭いし、締まり、Gスポットでも感じ、しばらく動かしていると、びしょびしょに濡れてきて、ほどなく、いった。子宮口がすぐ近くまで降りてきて、俺の指を衡えこんだ。俺はポルチオも指で充分に刺激してやった。すると、またすぐに体をそらし、また、いった。
少し後、JKに耀の具合を教えてあげて、「君は最高だよ。女として、自信をもっていいよ。人に言うひつようはないけど。相性のいい彼を見つけたら、幸せに暮らせる」と言う。JKは、半信半疑で、そうなのかな?と言う。そうだよ。保証すると俺は言う。こんな状況で、馬鹿な話だが。行為に及んでも、俺は元気がなかったが、JKが俺に手を添えて、固くしてくれて、腔に導いてくれた。JKと俺は、数時間、セックスを続けた。俺は数回、射精した。JKは何回いったかわからないくらい、頂点に幾度も登りつめた。そのたびに、端ぎ声をあげ、俺をきつく衡え、愛液を放射する。けれど、残念ながら、JKのそこは、俺には合わなかった。射精したというだけで、気持ちよくはなかった。他の男を探してもらうしかない。

風俗業界ももちろん

風俗嬢にも素直に感謝

風俗で働き続けるのは難しくなるだろう

空は晴れて、快晴だ。雲ひとつない。風が吹いて、いい気持だった。裸のまま、昼飯と排池を挟んで、JKと俺はタ方近くまで、セックスし続けた。互いに、燭れた。JKは、ひくひくして、息も絶え絶えに、俺にしがみついている。俺は白けている。JKの求めに応じて、中に入っているだけだ。俺は君を思い出していた。君とのセックスを思い出していた。長い間、君と俺は最高のセックスを続けた。君が最高だ。
だいぷふらついたが、俺は夢の国にいるJKの体をそっと離し、立ち上がり、JKの後に回った。JKは勘違いして、目を閉じたまま、何かつぶやいている。
俺はJKに感謝し、それから、首に紐を回し、締めた。頭には君の笑顔があった。JKの苦しみはつらかったが、仕方なかった。俺が生き延びるためだ。生きていてもらっては困る。しばらく身をよじって、ばたばたしたが、ようやく、それも収まる。脚の動きが止まった。俺はいつものように地面にスコップで穴を掘った。なんだか、泣けた。君を思いながら、掘った。土が意外にやわらかくて、どんどん掘れた。大きな深い穴ができた。JKの豊かな肉体を穴に放り込む。一日中、さんざんセックスしたから、満足したろう、女として幸せを味わったんだから、もういいんじゃないの、と俺はつぶやいた。ざん、と音がして、JKは穴の底であお向き、疲れた顔で俺を見ていた。頬に泥がついていた。俺は無視して、JKの服とカバンも穴に入れ、土をかけた。
俺は車のキーを取ってきて、車に荷物を全部放り込み、まわりをよく見て、忘れ物がないのを確認してから、山を下っ夕暮れだった。山の麓に着く頃には、完全に暮れるだろう。
俺は家に着くまでの間、運転しながら、これからの計画を立てた。国道は渋滞して、のろのろしか進まなかったから、頭の中が、よく動いた。俺は自分の計画に夢中になった。家に戻ったら、すぐ、車の中の荷物は、足のつきそうもないものは、なるべく家から離れたところの、ごみ収集所に置いてくるか、庭のドラム缶で焼くのだ。はじめの頃使ったデジタル·カメラも、こなごなに壊して、処分する。女たちの記念写真は、必要ない。俺には、もう、要るものはほとんどない。
実際、俺は、暮れ落ちた頃に家に帰り着くと、すぐ実行した。
くたくたに疲れて、本当なら、明日の夜のほうが良いのだろうが、ひょっとしたら、警察の捜査も、すぐそこまで迫っているかもしれない。つかまりたくない。恥はさらしたくない。猶予はできない。俺がつかまれば、俺は女たちを埋めた山に警察を案内することになる。女たちの体は掘り起こされてしまう。多くの人間に裸を見られ、法に基づく司法解剖と称して、美しい肉体はずたずたに切り裂かれてしまう。せっかく、俺がきれいなままに葬ってやったのが、すべてムダになる。そんなことは、俺のプライドが許さなかった。女たちも、そんなことは望んでいない。静かにしていたいはずだ。女たちはそれぞれの墓で、美しいまま、永遠に眠って欲しい。
女たちは失際したか、誘拐されたかして、行方不明のままがいい。事件は未解決がいい。俺にとっても、女たちにとっても、そのほうがいいはずだ。騒ぎ立てても誰の得にもならない。急いだのだが、それらの作業には、思っていたより、だいぶ時間がかかった。時計を見ると、19時をだい過ぎている。
腹が減っていたが、牛乳を少し飲み、手早くシャワーを浴びた。それから、軽く食い物を口にする夕涼みに外に出る。ドラム缶は、まだ嬢ぶって、煙が上がっていた。中を覗くと、ほとんど焼け落ちて、形をとどめているものはなかった。俺は家の中を念のためもう一度チェックし、何かそれらしいものが残っていないか、改めて調べた。ないようだった。俺は満足し、家の鍵をかけ、車に乗り込み、時計を確認し、ゆっくりと発進させた。
県道から国道に出て、インターで高速に乗った。あるジャンクションで別の高速に入り、俺は西に向かった。そこからは、高速を降りるまで、約1時間の予定だ。あまり飛ばさなかった。山間の高速は、時間も遅いので、車は少ない。


風俗で働く女性との相性が悪くてイケないことは過去に何回かありましたさて
風俗で働く女性との相性が悪くてイケないことは過去に何回かありましたさて

オマンコの近くに顔を近づけてき

巨乳マニアが発展プレイがどれくらい気持ちいいのかを相手に伝えましょうこの方法追い越していった車は数台しかなかった。俺はヘッド·ライトで暗闇を切り裂いて、制限速度を守り続けた。予定していたインターで高速を降り、県道を走った。南に向かう。地図で確認した記憶と標識を頼りに、いくらか迷ったが、道路が空いていたので、意外に早く、20分ほど後、俺は目指す店にたどり着いた。
暗がりに店の看板の照明を見つけたとき、俺はふるさとに帰ったように、ほっとため息をついた。静かに車を流して、駐車場の出外れに止め、ヘッドライトを消し、エンジンを切る。時計を見る。21時半を過ぎ、もうすぐ22時だった。まだ、早かった。けれど、シフトで、早くあがることもあると聞いていたので、ちょうどいいかもしれない。少し後、俺は一度車を出て、暗がりで立小便した。体がぶるっと震えた。俺はシートに深く座り、観察と見張りを始めた。
「今まではお遊び。本番はこれから」と俺はつぶやいた。しばらく待ったが、君の姿は見えなかった。まさか、この店じゃなかったのか、それとも、今夜は休みなのか、と俺はじりじりした。
君に聞いていた話から、この店に間違いないと以前から確信していたものの、実際に来たのは、はじめてだ。勘違いなら、お笑それなら、仕方ない。同じ地区の別の店を目標に、出直してくるしかない。
君が何かの都合で、今夜、出勤していない可能性もある。俺はいらいらし、それでも、じっと店を見つめ続けた。焦りが一度目のピークに達した頃、店の中に君の姿が見えた。チェーンの色物の制服だが、もちろん、間違いない。つもブラウスだったので、それほど、違いはない。俺はほっとして、一気に汗が吹き出た。休憩だったのかもしれないし、バック·ヤードで作業をしていたのかもしれないつも、冷蔵庫に入って寒いと言っていたし、担当の発注もたまっていると言っていた。君は腰や膝に痛みを抱えていつも重いダンボールを持つので、けんしょう炎にも悩脳んでいた。遠めだが、愛しい。
君は相変わらず、きれいだった。俺は感動して、気がつかないうちに、頬に涙が溢れ出していた。拭いても拭いても、止まらなかった。しまいに、俺は涙を拭くのをあきらめて、流れるままにした。俺は君に見惚れながら、じりじり待った。いや、君の姿がときどき見えたので、本当は、俺の心は安らぎ、いい気持だった。深夜0時過ぎ、君が店から出てきた。私服だ。いつものブラウスと淡い色のカーデガンに、いつもの、君の好みのタイトの黒系統のスカートだ。そう言えば、さつき、交代のスタッフらしい男が入っていった。俺は、はっとして、車の中で身を隠した。君は偶然にも、俺の車のわきを通って、こちらは見ずに歩いていく。君の足音が少し遠くなった。俺は首を伸ばし、後ろのウィンドウ越しに、見た。闇に、君の姿がぼほおっと見えた。

射精しても小さくならないようにしてやり続ける話俺と香奈恵は付き合いだして三カ月チンチンを踏まれる数秒後、俺は車のエンジンをかけた。無灯火のまま、車をゆっくりと動かす。君の姿が見えるか見えなくなるかのぎりぎりで、俺は君を追った。緊張で、口がからからだ。街灯の下に君の姿が、ときおり、はっきり見えた。君の少し太めの後ろ脚を愛しく見つめる。君は歩くのが早く、足の動きが早い。
時計を見ると、ほぼ7分ほどのち、君は道を外れ、あるアパートの駐車場に入った。俺はあわてて、路肩から草むらに車を突っ込み、止めて、大急ぎで君を追った。スニーカーなので、音はほとんどしない。全速力で駆けた。角で止まり、そっと覗いた。君がアパート棟のある一室の前に立ち、ドアに鍵を差し込むところだった。俺は音もなく走り寄り、君の後ろに立った。君はドアを半開きにしたところだ。俺はドアを大きく開け、君の背中を強く押した。君はあっけなく、入り口に倒れこんだ。声は出さなかった。俺はドアを後ろ手に締め、向き直って鍵をがちゃりとかけた。その音が、俺の心臓を打った。急いで君に向き直り、腰を下ろし、君を見つめた。暗いのでよく見えなかったが。君も俺を見つめているようだった。俺はスイッチを探り、見つけ、スイッチを入れた。照明が降ってきた。
俺は荒い息をっいていたが、君は取り乱しもせず、いつものように落ち着いていた。心も見せていない。君は黙ったままだった。少し後、君と俺は、狭い部屋の居間で、向き合っていた。さっき、君は、
トイレに行ってくるねと言い、トイレに入った。俺も入れ替わりに入った。それから、君は、このごろ、眠れないので飲み始めたという梅酒を出した。君と俺は少し口にした。君はどこかに電話するでもなく、大声も出さなかった。俺とわかっていたのだ。君は、本当は、俺が後をつけていたのを知っていた、と言った。店の外のはずれに車を見つけたとき、気がついたと言った。
車の中に俺がいるのもわかっていた、と言う。俺は恥ずかしくなって、「ストーカーになる気はなかった」と言った。tht6うんといつものように言い、うなずいた。それきり、君と俺は見つめあったまま、何も言わなかった。少しして、目線を交わすと、君は服を脱ぎ始め、ベッドに行く?と言った。いつものように。セックスした。最高だった。いつものように、俺は君を大切に愛撫し、君は濡れそぼった。俺は君に入り、長いこと動いた。君は最高に感じまくった。終わったあと、君と俺は抱き合ったまま、向き合っていた。ふふと君は笑った。

セックスも広い意味では男女の遊びだといえるだろう

俺も、つられて、笑った。楽しくおしゃべりをした。まるで、昔が戻ったみたいだった。そろそろ、寝ようかと君は言った。俺は疲れ果てて、ぼろぼろだった。うんとあいまいに返事した。君を殺すのは明日の朝にしようと思い、ポケットに手を入れ、紐を確認した。そのまま、寝落ちした。息苦しく目が覚めた。目を開けると、君が俺の首を、俺が隠し持っていた紐で絞めていた。苦しい。首を後ろにねじ曲げると、必死の形相の君の顔がすぐそこにあった。俺は抵抗できたが、もちろん、しなかった。今生の思い出に、君のおっばいをまさぐる。生のおっぱいを手に感じた。幸せだ。意識が遠のいていく。あ、死ぬんだ、と観念した。俺が死ねば、女たちの体は見つからない。俺は満ち足りて、今、最高の死を迎えている。
「頼む、女たちにも幸あれ!永遠に生きてくれ!」最後に、俺は力いっぱい叫んだつもりだったが、君は聞き取れなかったようだ。俺は微笑んで死んだ。俺は君を見つめて、涙を一筋流した。君はつられて、泣いた。君は力つきて、朝まで俺を抱いたまま、ぐったりしていたという。
君はその後、起訴猶予になった。(終わり)
金曜日の夕方、デスクトッブのパソコンに向い、見積書のファイルを開いたときだった。ディスプレイに黒服を着た初老の執事が現れた。今朝、会社に着いたとき、B時に設定しておいたスケジュール管理機能付の執事アプリが起動したの執事は深々とお辞儀をし、私にこう告げた。お帰りの準備をお願いしますえりか様このアプリでは他の執事も選べる。若いイケメンの執事もいる。が、私はこの初老の執事が気に入っていた。礼儀正し私は密かにこの執事を藤原さんと呼んでいる。く、余計なことを言わないからだ。はい、はいと言いながら、私は立ち上がっているファイルを一つひとつ閉じ、パソコンをシャットダウンした。
隣の席の派遣の女性も私と同じ事をしていた。デスクの上に散らかっていた書類やメモの整理をしていると、バッグの中でポンという音がした。スマホにメールが入った音だ。えりか様お疲れさまです。今日は大丈夫ですか?
エスコートクラブ·コンチネンタルの藤堂店長からのメールだ。私ははいとだけ文字を打って返信した。コンチネンタルの店長からメールが届くようになって一年が過ぎようとしている。前はもう少し長い返事を書いていたと思う。
「お世話になります。店長はお元気ですか?私はOKです。あと5分くらいで会社を出られます。いつもの場所に行けばよろしいでしょうか?今日もよろしくお願いいたします」といった具合に。だけど、私のメールはだんだん短くなり、最近ははいの二文字しか打っていない。店長に失礼かな、と思うこともある。しかし、同時に、これで十分だ、この二文字で私は身を売るのだから。とも思う。たったの二文字だが、このメールの意味は重い。はじめの頃はそのことに気がつかなかった。だから、長いメールも打てた。だけど、今は違う。重さを知っている。私は返事を打つことの言葉では言い表せない重さを。
「では、いつもの交差点までお願いします」1分も経たないうちに店長からの返信が届いた。
私は上司や同僚にお疲れさまお先に失礼しますじゃあ、月曜日とあいさつをして会社を出た。外はまだ明るかった。そのことが私を憂酵にさせた。普段の私は違う。会社を出て、外がまだ明るいと得をしたような気分になる。まだこんなに早いんだ、よし、今日はあそこに寄ろう、帰ったらあれをしようといろいろな計画が頭に浮かぶ。しかし、店長からメールがあった日の私はそうではない。
すれ違う人の顔が見えないくらい暗いほうがいいと思う。後ろめたいのかなと自問した。やましいことをしているからいろんな思いがバラバラと浮かんではこぼれ落ちる。逃げ出したい気分になる。でも、どこへ?

援交の世界に足を踏


デリヘル店も増え
デリヘル店も増え

フェラチオですぐ

知らない国へ?の自分に?店長のいういつもの交差点に着いた。信号が青になるのを待っていると、向こう側に白いベンツが停まった。ああ、と溜息がもれた。迎えが来た。逃げられない。白いべンツはウインカーをチカチカさせながら私を待っている。私は吸い寄せられるようにベンツに向かった。カチャっとドアのロックが外れる音がした。私は何かから身を隠すように後部座席に滑り込んだ。おはようございます運転席の藤原さんがバックラーの中の私を見ながらそう言った。藤原さんは0代半ばの、いかにも高級車の運転手という感じの人だ。丁寧で、控えめで、口数が少ない。昔は大物政治家の運転手をやっていたというが、政治家はこういう人物を好むのだろう。とにかく存在感がない。運転手というよりもベンツの付属品といった感じだ。彼のような人物が運転手なら、政治家はなんの気兼ねもなく車の中で話ができるだろう。国民に聞かせたくない話が。私もそうだ。彼が運転手なら、オナニーでもセックスでも気兼ねなくできると思う。
おはようございます私もそう返事をした。午後六時におはようというのも不自然だが、この業界ではこれが普通だ。藤原さんは、静かに、滑るようにベンツを出した。私は目を閉じ、革のシートに体を沈めた。肩幅の広い、大きな男に後ろから抱きしめられるような感じがした。しばらくすると、ポロロン、ポロロンとバッグの中のスマホが鳴った。店長からの電話だ。
「おはようございます。今日はゲストルームに直行です。よろしいですか?」店長はホテルのフロントのような話し方をする。落ち着きがあり、聞き取りやすく、はいと私は答えた。
「お客様は9時においでになります。新規のお客様です」
安心感を与える話し方だ。新規の方ですね「はい。年齢は5歳。出版社の社長様です。先日、オフィスにいらして、アルバムをお見せしましたら、えりかさんがたい
へん気に入ったようで。ろしくお願いします」そうですか。光栄です「いくつかオーダーがあります。よろしいですか?」それで、えりかさんの次の出勤だった金曜日に予約を入れてもらいました。ご指名ですので、よ私は助手席の背中のポケットに入っていたメモ帳とペンを取り、「お客様のことは、トオルさんと呼んであげてください」はいと答えた。私はトオルさんとメモをした。
「トオルさんは、バスルームでのプレイをご希望なのですが、服を着たままがいいとのことです。

風俗店にも出てこなくなっらだ